2010年02月22日

宗教法人代表を起訴=女性信者に乱暴−水戸地検(時事通信)

 宗教法人代表が信者の女性に乱暴した事件で、水戸地検は17日、準強姦(ごうかん)の罪で、「小牧者訓練会」代表で「国際福音キリスト教会」の主任牧師、卞在昌容疑者(61)を起訴した。
 起訴状によると、卞容疑者は、2007年2月17日、茨城県つくば市の教会内で、信者の女性に「神に背いて悲惨な人生を歩まないためには指示に従うしかない」と信じ込ませ、抵抗できない状態に陥らせて乱暴したとされる。 

【関連ニュース】
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判
殺人の時効撤廃へ=「完成前なら遡及」明記

1人当たり県民所得305万円=4年連続で増加−07年度(時事通信)
<マータイさん>MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
持参薬の確認「不十分」なケース、4年間で9件(医療介護CBニュース)
<石綿>輸入部品から見つかる スズキが回収・交換へ(毎日新聞)
<火災>2幼児、遺体で発見 東京・練馬のアパート(毎日新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。