2010年06月16日

会期通り16日に閉会する方針 予算委、党首討論とも行わず…野党側猛反発(産経新聞)

 民主党は14日、今国会の会期を延長せず、会期通り16日に閉会する方針を固めた。民主党の樽床伸二国対委員長が同日午前の与野党国対委員長会談で、野党側に通告した。

 樽床氏は、会期を1日だけ延長して衆参両院の予算委員会で質疑を行うとしたこれまでの日程案の撤回を伝え、予算委開催に替わる案として野党側に示していた党首討論も取り下げた。 これに対し、野党側は強く反発している。会談後、野党6党の国対委員長は国会内で急遽(きゆうきよ)、共同記者会見を開催。自民党の川崎二郎国対委員長は、事務所費でキャミソールや漫画を購入していた荒井聡国家戦略担当相を念頭に「答弁できなくなった閣僚が出たからではないか。与党側の横暴だ」と批判した。

 公明党の漆原良夫国対委員長は「ぼろが出ないうちにという選挙至上主義だ」と非難。共産党の穀田恵二国対委員長も「最初から国民の声を聴くことを拒否する内閣とは恐れ入った」と揶揄(やゆ)した。

 また、自民党は14日昼の緊急役員会で、午後の代表質問後に与野党幹事長会談の開催を求め、与党側に国会日程について再協議するよう求める方針を決めた。

【関連記事】
与野党国対委員長会談、会期延長は決着先送り 
国会会期延長 折り合い付かず
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線
郵政改革廃案? 溝深まる2人
国会会期延長 にらみ合う与野党
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
<付属池田小殺傷事件>8児童の冥福祈る式典 発生から9年(毎日新聞)
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
首相「参院選で信を問う」は国民の声聞く機会(読売新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 15:01| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。