2010年06月01日

夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)

 日本アイバンク協会は6月1日、関東地方で5月に死亡した男性の角膜を妻に移植する手術が31日、無事終了したと発表した。
 臓器移植をめぐっては、今年1月に一部施行された改正臓器移植法で新たに「親族優先提供」が認められるようになり、今回の移植は改正法に基づく初の事例となる。

 角膜を提供したのは関東地方の50歳代の男性で、提供を受けた50歳代の妻は、片方の目に角膜ヘルペスを患っていた。男性は5月21日に胃がんで死亡したが、生前に献眼登録票を所持し、眼球を提供する意思があることを明らかにしていた。その際、親族優先提供についても併せて希望していた。男性の角膜は同日に摘出され、31日午後、約1時間半の手術で移植された。

 日本アイバンク協会によると、同協会に登録している角膜移植の待機患者は、昨年度末で2604人いるが、今回の移植は改正法の規定が適用され、登録患者より親族が優先された初の事例。
 なお、男性から提供されたもう一方の角膜は、登録の順番に従って移植される予定だ。


【関連記事】
ドナーカードの記入不備・矛盾は「意思表示として無効」―厚労省作業班
臓器提供の意思表示、自己決定権の保障を―日弁連が意見書
臓器提供の意思、約半数が「決まらず・不明」―1000人アンケート結果
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望

一度は必ず乗ってみたい!世界最古のモノレール「ヴッパータール空中鉄道」
[タイ]反政府集会が3日目に 血液を首相府前にぶちまける
<火災>民家全焼、焼け跡から遺体 愛知・田原(毎日新聞)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
仕分け人痛烈宣告!「天下り」「ムダ遣い」改善がなければ宝くじ売るな(スポーツ報知)
posted by ヤマネ シュウイチ at 18:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。