2010年05月28日

初の国産バイオ後続品を新発売(医療介護CBニュース)

 キッセイ薬品工業と日本ケミカルリサーチは5月26日、初の国産バイオ後続品である腎性貧血治療薬「エポエチンアルファBS注JCR」を27日から販売すると発表した。

 同薬は両社が共同開発した、協和発酵キリンの腎性貧血治療薬「エスポー」のバイオ後続品。効能・効果は「透析試行中の腎性貧血」と「未熟児貧血」。両社によると、腎性貧血は慢性透析患者に高頻度で見られる合併症で、このうち多くが「エスポー」など遺伝子組換えヒトエリスロポエチン製剤(EPO製剤)による治療を受けている。

 キッセイ薬品の広報担当者によると、完全無血清培養技術を用いて製造するため、培養工程で動物由来成分を使用しないことから、ウイルス感染のリスクを低減することができる。
 また、基本的に透析治療の医療費は包括化されていることから、低薬価の薬剤が使われやすい環境にあるという。

 同薬はキッセイ薬品が販売し、医薬情報提供活動は両社で行う。キッセイ薬品は同薬の今年度の売上高を24億5000万円と予想している。


【関連記事】
後発品や競合品の影響で医薬品事業2.9%減―キッセイ薬品
「バイオ後続品」で先行―サンド日本法人
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ
ネスプ/エスポーが10%台の増収―協和発酵キリン

針生一郎氏死去 前衛美術評論の草分け(産経新聞)
北朝鮮の魚雷攻撃、日米で共同歩調…首相(読売新聞)
韓国艦沈没で首相「国際協力して戦っていく」(読売新聞)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
「HIV検査を受けに行こう!」蒼井そらさん厚労省で訴え(産経新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 20:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。