2010年04月14日

【風】画一的無償化でモラルハザード(産経新聞)

 高校授業料の無償化に関し、≪少し甘やかしすぎでは≫≪みんな格差なく平等というのは結果、だめ人間を増殖する≫と指摘する男性(62)の意見を以前紹介したが、和歌山県に住む辻貴之さん(59)=ペンネーム=は、3月に出版した「民主党政権と破壊衝動」と題する著書の中で、「高校無償化の無意味さ」として2ページにわたって持論を展開している。

 辻さんは30年以上公立高に勤務し、昨年退職したばかり。現場経験を踏まえ、無償化を「バラマキの典型であり、予算の無駄遣いの典型でもある」と断じ、「『タダほど高いものはない』という結果になるのが目に見えている。『授業料が払えなくて高校へ行けない生徒をなくす』ためならば、高校生全員を対象とするのは筋が通らない」と批判している。

 「塾でもカウンセリングでも、それにかかる費用が高いほど効果が上がる。少なくとも、そのような傾向がある。費用がかかると、利用者の真剣度が増すのである。たやすく手に入れられるものからは学ばない。それが人間なのである」

 その上で、大半の生徒が高校に進む実情についても、手厳しく切り込む。

 「裏を返せば、適性がないにもかかわらず、高校へ進学してくる生徒が多いということである。高校へ行っても学ぶ意欲がなく、青春という貴重な時間を無駄に過ごす生徒も少なくない」

 舌鋒(ぜつぽう)は保護者にも向かう。辻さんは「わが子を一人前の成人に育てるのは、経済面も含めて基本的には親の責任なのである。それなのに政府が安易に援助すれば、親もまた自らの責任を軽く考えてしまうことになる」と警鐘を鳴らす。

 無償化は、「教育費の負担の重さを考えれば、安心して子供が産めない」という社会的要請に照らして必要というのが、そもそもの出発点。だが、個別の経済事情を考えない画一的な補助は、かえってモラルハザードを招きかねないというのが辻さんの指摘だ。

 制度は始まった。ならば、保護者の側はいかなる責任感を持つべきか。最終回に、今一度考えてみたい。(健)

のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群−消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
融資会社偽装、振り込め詐欺=容疑で8人逮捕、被害総額5億か−岩手(時事通信)
ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
給食牛乳、紙パック「直接飲み」論争(読売新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。