2010年02月02日

小野前衆院議員がみんなの党に入党(産経新聞)

 小野次郎前衆院議員(56)は28日、山梨県昭和町で渡辺喜美みんなの党代表と会い、みんなの党に入党し、同党公認候補として今夏の参院選比例代表に出馬することで合意した。

 小野氏は、小泉純一郎元首相の首相秘書官を務め、平成17年の衆院選で、山梨3区に自民公認で出馬し、南関東ブロック比例代表で当選した「小泉チルドレン」の一人。昨年の衆院選で落選、今月13日に自民党を離党した。

【関連記事】
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向
「国会ツイッター実況」をツイッターで反省 みんなの党の柿沢氏
国会の与野党折衝、ツイッターで議員実況中継
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判

<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
内閣官房が沖縄連絡室 社民が「平野発言」に抗議(産経新聞)
野田財務副大臣「子ども手当満額支給は困難」(読売新聞)
ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)

 都道府県立高校の2010年度一般入試で、30道府県の教育委員会が新型インフルエンザ対策として追試験を行う予定であることが26日、文部科学省のまとめで分かった。また、全47教委が発熱、せきなどの症状がある受験生に、別室で受けさせる準備をしている。
 同省は15日時点の対応方針を集計。追試以外の特例措置として、(1)インフルエンザのような症状で受験できなかった志願者には、面接などで試験を代替する(2)前期日程で欠席者が多ければ合格者を減らし、後期の募集人数を増やす−などの対応を決めた教委もあった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で
追試実施は見送り=「インフル患者減少」

<電気カーペット>パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)
保守勢力を集結 大衆組織設立へ(産経新聞)
三洋電機 ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
posted by ヤマネ シュウイチ at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。